宮坂彰吾さん

八ヶ岳乳業株式会社
生産部品質保証センター
宮坂 彰吾(みやさか しょうご)さん
諏訪市出身 25歳
出身校
 諏訪二葉高校卒
 東京農業大学応用生物科学部醸造科学科卒
2017年入社 3年目

 

感知力・検知力を高め
商品と会社への信頼をより確かなものへ

 

入社の理由 自分に合っていると、じわじわ実感

食品業界で微生物と関わる仕事を・・・就活当初は、漠然と考えていただけでしたが、働くイメージが具体化すると、転勤はちょっと・・・とか、環境はだいじ・・・など、自分に合っているかを意識するようになり、地元で就職をという気持ちが強くなりました。子ども時代からずっと飲んできた牛乳の会社で親しみもあり、ここで必要とされる人材になる、が目標になりま した。


製品の最終関門での検査に
知識・経験・感度を総動員

工場で製造された製品の品質を、出荷前にチェックをするのが、毎日の仕事です。検査は、衛生度を確認する微生物検査、乳成分の検査、風味の検査の3種類で、製品は牛乳のほか、ヨーグルトやコーヒー牛乳などにも及びます。

お客様は、丈夫な体をつくる健康食材としての牛乳に、全幅の信頼を寄せ、習慣化して飲んでくださるのですから、その安心感を揺るがすわけにはいきません。問題ないことが大前提だからこそ、当たり前の継続を大切に、気持ちを引き締めて検査に臨みます。微生物については、種類、性質などをより深く学び、経験値を上げて、見落とさない、間違わないを、さら に徹底させていかなくてはならないと思っています。

品質向上につながる
検査&測定スキルを身につけたい

一方、風味や成分は、おいしさや好みを左右するファクターです。牛乳の風味は、季節の天候、乳牛に与える飼料により日々変化しています。同じ牛乳なのに、あまりに大きな風味の変化はメーカーとしての信頼を喪失させます。わずかな違いを把握し、どこまでがOKの範囲か・・・飲み比べて味覚を鍛え、基準を身につけること、これが最重要課題といえます。

風味検査はつねに、センター内のチーム、必ず2人以上で行いますが、わたしは、日々の官能訓練の積み重ねで、ようやく 違いが判るようになってきたところ・・・。苦みには敏感だけれど、甘みには鈍感だなとか、自分の感覚の得意不得意、体調によっての変化などを冷静に分析し、苦手な風味の感度を良くしていくように、これからも研鑽を積み、偏りのない検査態勢により、品質保証の水準を上げていくように努めます。

現在は、製品の完成時に、検査をする業務ですが、工程検査や工場内の環境測定などの技法と判断力を身につけて、製造中の品質を上向きにコントロールできるような、現場からも頼りにされる検査技師になりたいと思います。

培った技術や経験値が、品質向上や新たな商品開発につながればうれしい
風味への鋭い感覚に磨きをかける! 品質保証センターのみんなで官能訓練

ともに挑みともに輝こう!

〜八ヶ岳とともに 乳とともに〜

昔を思い出してください。小中学校の給食で「八ヶ岳牛乳」を飲んだことのある方、それは当社で製造した牛乳です! 牛乳だけでなく、ヨーグルト・チーズなどの製造もしており、「乳」を通して楽しみ・味わい・豊かさを感じて頂ける食文化の創 造に全社員が挑戦しています。

「乳」のごちそうを私たちと一緒に製造・販売してみませんか。

(経営管理部 宮坂 定幸)


就活生へ

自分を見つめ直すための機会と捉えてみては

宮坂 彰吾さん
人生の分岐点だからこそ、立ち止まって、自分を客観的に観てみると、本当にやりたいことだとか、進むべき道がはっきりするような気がします。

生産部品質保証センター長
小口 穣さん
やさしい雰囲気に加え、謙虚で爽やかな好青年です。けれど、決して消極的ではなく、ガッツがあり、責任感が強い。衛生管理者の国家資格も、ふだんの仕事をしっかりこなしながら、あっという間に取得してしまいましたね。頼られる人になるという目標ですが、既に仲間からも信頼されていて、将来は会社を背負っていってくれると確信しています。

  • 松沢捺生さん
  • 森翔馬さん
  • 牛山咲季さん
  • 日野達哉さん
  • 宮坂彰吾さん